「手が止まる・・」誰に向けてコンテンツを作ればいいのか悩んだら。勇気と自信を持って情報発信をするためのTIP

こんにちは、tikoです。

今日もコンテンツ作成してますか?

私も日々、思考に試行を重ね、コンテンツづくりに勤しんでおります。

自分の中の経験や技術といった情報を材料に、感情やテクニックを味付けして

読んで頂く方に向け、楽しく役に立つものを・・・

しかし、時には悩むわけです。

こんな情報、役に立つのかな?

ほんとうに有益なのかな?

一体誰が、このコンテンツを必要としてくれるのかな・・・

情報発信をしていく中で、誰しも一度は疑問を感じるところだと思います。

私も今まで、この疑問がつきまとい、手が止まってしまうことがありました。

それはまるで、背中に貼りついた何かが囁いてくるかのように・・・

引用元:ジョジョの奇妙な冒険 第五部「チープ・トリック」より

「書くのやめよぉぉぉよォ〜〜〜〜ッ ねっ」

「記事消そ?ねッ!」

ターゲットはできるかぎり明確にする」というのはセオリーですが、

顔の見えない人を想像するのも、なかなか最初はすんなりいかないものです。

この記事では、私が色々な方から学んできたことをヒントに編み出した、

そんなチープ・トリックのような悩みから一歩踏み出し、

勇気と自信を持って、記事書きに没頭できるTIPSをお伝えしたいと思います。

誰に向けて

誰に向けて情報発信すればいいか?

誰に対して価値提供をすべきか?

これに対し設定すべき答えは、「過去のあなた自身」です。

今、コンテンツとしてまさに具現化しようとしているその情報。

現在のあなたであれば、それは既知のことでしょうが、過去のあなたは違います。

大なり小なり、疑問や悩みを抱えていたはず。

自分で調べ、人に聞き、実際に試行錯誤して得られた貴重な体験・結論は、過去のあなたにとって、何よりも有益な情報であるはずです。

そして、あなたが突き当たった壁というのは、他の誰かが突き当たった/これから突き当たるはずの壁でもあります。

時間的、空間的制約のないネットの特性上、その情報を求めている人は、ダイレクトにあなたのコンテンツにたどり着く可能性が、常にあるのです。

その数の多寡はあるでしょうが、誰もいないということは限りなくゼロに近い。

リサーチをしていれば、

「なかなか、かゆいところに手が届かないな・・・」

「どんぴしゃな情報になかなか出会えないな・・・」

ということもあるでしょう。

そんな回り道をしてきたあなただからこそ、

過去のあなた自身に対して、最速・最短で道をズバッと示せるのです。

そう考えると自然に、「皆さん」でなく、「あなた」向けの文章になります。

ここでいう「あなた」とは、他ならない過去の自分自身です。

それを乗り越えた経験から、自信を持って道を示しましょう。

私も今まさに、過去の私自身に向けてこの記事を書いています。

すると、自分の成長が実感できるはずです。

そしてその「成長」は、見る人に感動を与えます。

人は、何かの成長を目の当たりにするとき、心動かされるのです。今いる位置でなく、ステージが一段上がるそのタイミングに、です。

ヒナが卵から孵る瞬間を見た時のように、

康一君が成長してAct2を呼び出した時のように。

それを意識して、読んでいると楽しくなるような、劇的なコンテンツ作りができるとより良いですね!

人は成長してこそ生きる価値有りです。

以上、誰に向けてコンテンツ作成をしたらいいか悩んだら、でした。

あなたにとって、有益な情報であることを望みます。

(Visited 77 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする