コトチカ京都AuntieAnne’s(アンティ・アンズ)が電源、無料Wi-Fi完備で穴場

tikoです。

地下鉄京都駅の改札を出てスグの「AuntieAnne’s(アンティ・アンズ)」に行って来ました。

アンティ・アンズ自体は、以前食べたことがあったので、「へー京都にもあるんだ・・」という程度だったのですが、今回利用してみて、意外にも電源、無料Wi-Fi完備で穴場だと感じたので、シェアさせて頂きます。

京都駅からもそれほど遠くなく、雨でも濡れずに行けるし、それ程混みあっていません。

大体、すぐにたどり着くような場所は、満席。。。そういう時に覚えておくと、便利なお店なのではないでしょうか。

値段も比較的リーズナブルです。

この記事では、アンティ・アンズって何のお店?というところから簡単に、ご紹介していきたいと思います。

お店の基本情報

営業時間:午前8時~午後8時

定休日:基本的に無し(コトチカ京都の営業に準じます)

駐車場:駅ナカのため無し。

予算:500円〜1,500円

雰囲気:気軽なカフェ。ファストフード的な雰囲気。

電源:窓際席に設置。席ごとにコンセントが一口ずつ。合計8箇所くらい。

Wi-Fi:無料Wi-Fiあり

混雑状況:平日昼のピーク(12時〜13時)で待ち無し。

客層:学生、サラリーマン、旅行者など様々。

喫煙:全席禁煙です。

アンティ・アンズとは?なんの店?

公式サイトはこちらです。

アメリカ発の、ソフトプレッツェルのお店です。

プレッツェルとは、もともとはドイツ発祥の、一風変わった形のパンですね。

外側はサクサクでありながら、中はもちもち。初めて食べた時は、その新感覚のおいしさに「ンまぁ~い!!」となったものです。

日本に上陸したのはだいぶ前の話になりますが、もし食べたことが無ければ、一度試してみることをオススメします。

アクセス

地下鉄京都駅、北改札口を出てヨドバシカメラ方面側です。

JR京都駅から行く場合は、ポルタ地下街の連絡口から渡ったスグの場所にあります。

青い看板が目印。

内装

小ぢんまりとしたスペースです。

窓際のカウンター席に、コンセントが設置されています。

もうほとんど、標準装備ですね。有難いです。

無料Wi-Fiも完備しているし、基本的なところは押さえてある、という感じですね。

注文したもの

その場でのイートインと、持ち帰り用に購入しました。

・スティックス オリジナル

・スティックス シナモンシュガー

・スティックス メープル

・プレッツェル ペパロニチーズ

今回知ったのですが、もうほとんどプレッツェル特有の一本巻でなく、スティック状の形になっているのですね・・・(ペパロニチーズ以外)

なんとなく、さみしいような・・・味気ないような・・そんな気がしました。

スティックス オリジナル

これぞアンティ・アンズ。香ばしく焼きあげたプレッツェルに、大粒の塩がかけてあり、シンプルながらメリハリの利いた味です。

うん、やっぱりおいしい。形が変わっても、味は変わらず美味しいです。

スティックス シナモンシュガー

オリジナルと違い、甘めの一品。

シナモンがスパイシーです。

スティックス メープル

これはさらに甘いもの好きな方向け。

おやつ感覚でいただけます。

プレッツェル ペパロニチーズ

こちらはなぜか、ちゃんとプレッツェルの形で出てきました。

持ち帰り、家で食べました。

レンジで温めてから、オーブンで焼くと、サクサクもちもちがかなり再現できます。

まとめ。ちょっとした軽食でも。ここにもノマドカフェ、あります!

京都駅を利用する機会は多いので、こういうカフェを一つでも多くストックしておきたいです。

電源つきの駅チカカフェは、需要のわりに供給が追い付いていないように感じますね。

ここでなら、その時のおなかの空き具合に合わせて、柔軟な利用ができそうです。

がっつり食事しても、ちょっとした軽食でもいいですね。

しかも駅チカにしては比較的、リーズナブル

今後もどこか見つけ次第、シェアさせて頂きます。

以上、おいしいプレッツェルが食べられるコトチカ京都の電源スポット「アンティ・アンズ」についてでした。

あなたにとって有益な情報であることを願います。

京都駅近辺の電源スポット、「よりみちスクエア」について。こちらは無料。

京都駅北口(烏丸口)の、無料電源スポット「Porta(ポルタ)よりみちスクエア」。。モバイルバッテリーがなく、カフェやホテルなどで充電するのも厳しい!となった時などには、利用する価...

京都駅改札から0分、「ポータルカフェ」ノマドにも。ただしちょっとお高め。

京都駅改札を出て、目と鼻の先にあるカフェ。駅ナカで、かなり使い勝手がよく、しかもそれ程混んでない!灯台下暗し的な…穴場とも言えるカフェです。
(Visited 163 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする